目の下 の たるみ 化粧品

目の下 の たるみをつくる血流の悪さは○○○○が原因だった!!

目の下のたるみはなんと意外な対策方が・・? 
最終更新日: 2017年4月27日

 

 

はあ〜、やっぱり目の下のたるみが気になる。なんかいい肌ケアはないかしら?


 

目の下のたるみは、血流がよくないことが原因でおこる事も。でも顔のマッサージは皮膚を伸ばしてしまってかえってたるむのでやっちゃダメよ。


 

 

 

どうして顔の皮膚の血流は悪くなってしまうの?


 

人間の肌は、ストレスがかかると、血流が一気に悪くなります。顔色が悪い、というのはまさに血流が止まっている証拠です。


ストレスでこんなに体の温度が変わるというデータもあります。

 

 

 

 

 

 

 

あーわたしこれかも〜 しかもストレスで敏感肌にもなるし


 

ストレスで肌の調子を崩してしまう、
リフトアップ効果が欲しい
敏感肌でもある。
そんな方はこちら


 

 

1.大切なのは、何よりも保湿!目の下のたるみ、シワ、ほうれい線、黄ぐすみの原因は、保湿不足から来ています!
2.目の下のたるみだけでなく顔全体の血流がわるくなってしまって肌の調子が悪くなりさらに血流が悪くなる、悪循環
3.仕事、日常生活、子育て、人間関係、ストレスがかかる瞬間はとても多いです。ストレスの分だけさらに血流が悪くなります。

 

 

 

敏感肌や乾燥肌でもハリとうるおいが出るの?


 

 

ほこりや花粉などの外部刺激から肌を守りながらうるおいと美肌成分を肌に閉じ込めるハリアップクリームも入っています。


 

 

ストレスで肌の調子が変わるのってわかる気がする!


 

 

肌のキレイなひと、笑顔が素敵な人はストレスがなさそうに素敵に見えますよね。あれは皆さんストレスが肌にどれだけ悪いかきちんと理解して、ワザとストレスを避けているのです。


 

 

なるほど、でもなかなか完全には難しいよね。。。


 

 

アヤナスなら、ストレスからくる肌の血流のわるさと敏感肌、乾燥肌にもしっかり保湿して、肌にハリが生まれます!


 

敏感肌、乾燥肌、ストレスで肌が荒れる方はこちら!

目の下のたるみタイプ別化粧品の選び方

 

目の周りの構造はとても複雑で、筋肉、皮膚、眼窩角膜などの組織がミルフィーユのごとく複雑に層をなしています。
たるみやクマのタイプもさまざま。選ぶケアもそれぞれ違います。

 

 

 

目の下がへこんでいるタイプのケア
目の下がへこんでいるタイプは、頬の脂肪が目の下の皮膚をひっぱりさげている場合があります。へこんでしまうと影が出やすく、顔全体の印象が暗くなってしまいがちです。
この場合は徹底した保湿とエクササイズで対応しましょう。

 

運動と言っても顔の運動ではなくて、体全体を動かし、全身をリラックスさせることで顔の緊張を取るための運動です。 イスから立って背伸び、だけでもいいでしょう。 全身の血流をよくするイメージで。ずっとデスクワークの方、ずっと立ち仕事の方、車通勤でほとんど歩かない方、運動と言う運動をほとんどしていない方。
ぜ〜んぶ、肌に出てきます。 

 

保湿は肌の奥まで成分が届くビーグレンが最強。 本来肌にぬるタイプの麻酔薬を作るための医療技術を化粧品に応用しているので、信頼度は抜群です。
開発者のケラー博士が奥さまに美容液を作ったお話は必見でビーグレンの哲学についての文章だけでも必見です。

 

ビーグレンのトライアルセットはこんな方へ、

 

・下まぶたがたるみ人相が悪くなった気がする
・上まぶたにハリがなくゆるんで、目が垂れて思い。
・ずっとクマが消えない。いつも疲れているように見える。
・目じりのしわが深くなるのが怖い。思い切り笑えない。
・目がくぼんできて一気に老けてしまった。
・目じりが垂れて目力が弱くなった。
・アイラインが引きにくくなって午後になると滲んでしまう。

 

 

目の下が膨らんでいるタイプ
目の下が膨らんでいるタイプは、加齢により筋肉が硬くなることからおこります。 マッサージや顔の筋トレなどをがんばっていた時期がありませんか?
顔の筋肉はどちらかと言うと鍛えてしまうと硬くなり、皮膚をひっぱってよけいたるんでしまうのです。 

 

 

目の下のたるみを美容整形で治す場合、張り詰めた筋肉や筋を手術で緩めることからはじめます。筋肉がつくと必ず肉自体が硬くなり、それが表面の肌を引っ張ってほうれい線やたるみを助長してしまうのです。

 

肌のハリを求める方に絶大な支持を受ける資生堂エリクシール。ハリと透明感が欲しいならこちら。しかも540円と価格も手ごろです。

 

資生堂エリクシールはこんな方へ、

 

・年齢を重ねるにつれハリや弾力がなくなったと感じる
・フェイスラインの印象がはっきりしない
・肌が乾燥する
・化粧ののりがよくない。
・肌色が暗い
・パステル色の洋服が似合わなくなった。
・鏡に映る自分の顔がどんよりしている。